06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初レポート

2013年 09月23日 09:47 (月)

玄達での灼熱釣行(釣果は激寒だった)以来となるわけだが・・・



今回は俺のホームである敦賀湾へライトジギングへ行ってきた。


船はいつもお世話になっている敦賀のルアー船  綾姫丸 へおじゃましてきた。





とても気さくで楽しい木田船長

釣りが好き過ぎてルアー船の船長になった生粋のルアーマンである。

腕のほうもピカいちで、その日、その時、釣れる魚を釣れる場所へ連れて行ってくれる

非常に頼もしい船長である。


我が Team BOZLES のステッカーを貼っていただくようお願いすると

二つ返事で快諾してくれた。

その上、ほかのアングラーもほしがるから と言って何枚もステッカーを預かってもらえた。



ありがたいことだ!感謝、感激である!









さて今回の俺の作戦は


最近、調子のあがってきた青物、その中でもシオとでっぷり太った大ハマチを獲ったあと

早くもトンカツサイズにまで成長していると言うアオリイカの逆噴射を楽しみ

最後に漁師のごとくカマスを釣りまくる


これで行くことに決めた!






まずは水深60mラインで青物狙いである。


ノブナガ120gアカキンにボーズレスフックレッド(マダイ使用)で挑む。



船長から「ボトムべったり感度」のアナウンス


着底からスローなピッチでノブナガを躍らせていると、




『 コンコン 』          アタッた!







DSC_0004 h25 9 20


グーグー星人 別名ホウボウ


型は小さいがうれしいファーストフィッシュである!




同じように丁寧にかつキビキビとノブナガを躍らせていると





『 ググッ 』          押さえ込むようなアタり


すかさずあわせを入れ上がってきたのは











良いサイズのガシラ、めちゃくちゃ美味そうだ!




次のポイントでは





フォール中にノブナガをひったくっていったコイツ







ブリの孫 別名ツバス






船は大きくポイントを移動し、前日ヒラマサがあがった漁礁へ



さぁ、肩慣らしは済んだ!ヒラマサとガチンコ勝負や!





ジグはヒデヨシ140gアカキンにボーズレスフック グリーン(ワラサ使用)



着底からの早巻き、そしてリズミカルなワンピッチ、キレの良いロングジャーク




華麗なコンビネーションでヒデヨシを躍らせていると











『 ガンガン! 』         暴力的なアタり!


よっしゃ!と大あわせをくれてやる














次の瞬間  フッ 














何のテンションも感じない


船長が一言  「 サワラやね  」















じぇじぇじぇ!! 



ヒデヨシ140gアカキン、デビュー3投目にして殉職



なぜにサワラちゃんは高級なジグばかりぶった切っていくのか?
ワゴンセールのジグには見向きもしないのに・・・




気を取り直して再びノブナガ120gアカキンで攻める

ここでビビッて安物のジグに逃げてはいけない

俺は男である。








ほれぼれするようなワンピッチでリズムカルにしゃくっていると

俺のリズムを狂わすヤツが!


今度は同じミスは犯さない。すばやくあわせを入れ相手に主導権を取らさないよう



いなしながら上げてくる。




よし!ヒデヨシの仇や!

お前を刺身にして、炙りにして、そうだ西京漬けにして焼いて食うのも良い



ヤツの姿が見えてきた。























タングステンうめぇぇ










こやつはまったく空気が読めないヤツだ


しかもボーズレスフックががっちりフッキングしてなかなか外れない






『外したくても外れない、バラしたくてもバラせない  ボーズレスフック』


おすすめです








それからは名前を言ってはいけないあの人 エソ  のオンパレード






船中ヒットはするもののことごとく名前を言ってはいけないあの人







俺も魚が掛かってもすべてのオーラを消し静かにやり取りする






しかしオーラを消していたはずの俺に船長が気付き、他のアングラーにも気付かれる





釣り上げたあの人 エソ を片手に俺は








一言  「 ごめんなさい 」









その後はもっちりとした旨そうなアオリイカをティップランで獲り












カマスを気が遠くなるほど釣り上げ






その日は終了となった。










おわり











ps 末吉さん はやく来てくださ~い   by 船長より









にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。